男性医師が自宅マンションで死体で発見された。
発見者は婚約者とその妹。
死亡推定時刻に同僚医師が被害者宅を訪れていたことがわかり、
捜査は順調に進展するかと思われた。
いっぽう厚労省の医療事故調査チームは手術ミスの告発を受けて、
被害者のいた病院を調べていた。
殺人事件と告発は関係しているのか、それとも…。
通底する哀しく切実なテーマが、
医療サスペンスと本格ミステリーを融合させる! 

背律
吉田 恭教
原書房
2016-03-18