難攻不落の劇場密室に挑む!
太平洋戦争後、北と南に分断された日本は、武蔵野新都心を経済と文化の中心に据え、再スタートを切っていた。七ツ森神子都は相棒・風野颯平と保護者・藤間秀秋に見守られ女子高生として平穏な毎日を送っているが、夏のある日、『地下世界研究会』に依頼が舞い込む。
東創女子大学の地下劇場「13シアター」内で転落事故が多発しており、その原因を調べて欲しいというのだ。
依頼主は四人の女子学生による演劇サークル「ビッチ・バッコス」。
しかし調査の最中、幽霊の仕業としか思えない不可能な状況で四人の中の一人が犠牲者に――。
果たして、怪異か、事故か、殺人か。
「多重迷宮」事件より遡ること2年、神子都の新たな事件が開幕する!