綾辻探偵事務所を開いている綾辻行人は、“殺人探偵”の異名をとる名探偵。だが、あまりにも危険な異能を持つために異能特務課の新人エージェント、辻村深月の監視を受けている。そんなある日、綾辻はある殺人事件の解決を依頼される。その奇怪な手口から綾辻は、永遠の宿敵、怪人・京極夏彦の関与を疑うのだが……!? 殺人探偵・綾辻と妖術師・京極。知と力を尽くした死闘が今、幕を開ける!!

異能バトルアクション『文豪ストレイドッグス』(コミック・小説・アニメ)の外伝、「文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人vs京極夏彦」の連載小説が、2015年10月7日(水)発売の角川キャラクター小説マガジン『小説屋sari-sari』10月号(電子書籍)から始まります。綾辻行人・京極夏彦・辻村深月の3人の現役作家が美形キャラとなり、大バトルを繰り広げる小説で、執筆はコミック原作者の朝霧カフカ、イラストはコミック作者の春河35です。

〇 “殺人探偵”の呼び名を持つ探偵「綾辻行人」。探偵事務所を開いているが、あまりにも危険な能力を持つため政府から特A級危険異能者に指定され常に監視されている。ドSで超然とした態度で他人を煙に巻く。人形集めが趣味。異能名は「Another」。 殺人事件の犯人を見抜くと犯人が必ず事故死する。

〇 綾辻の宿敵にして“妖術師”の異名をとる怪人「京極夏彦」。超越的な異能を持ちながら政府の犬と堕している綾辻にちょっかいをかけるのが趣味。これまで何度も奇怪な事件を起こしては、綾辻に命懸けの勝負を仕掛けてきた。妖怪大好き。異能名は「憑き物落とし」。“憑き物”を与え、対象の精神を変調させる。

〇 内務省異能特務課の新人エージェント「辻村深月」。常に綾辻探偵事務所に出入りし綾辻を監視、非常時には抹殺するという任を帯びている。時には探偵助手的な真似をすることも。射撃の腕は確かだが、頭の切れる綾辻にいつもいいように翻弄されて腹を立てている。異能名は「きのうの影踏み」。影の仔と呼ばれる奇妙な生命を操る。


bungouimg02bungouimg03bungouimg04