日本の誇る情報組織、その組織には名前すらない――。
ただ、便宜上イトウ家と呼ばれる。「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」平和にまどろむ日本が長く続くように戦う無名の戦士、いや猟犬の日々。情報と軽武装を頼りに、国内外の邪魔者を騙し、操り、脅し、殺す。彼らの今日の仕事は…。『マージナル・オペレーション』の著者が放つ、本格スパイ小説!!

猟犬の國
芝村 裕吏
KADOKAWA/角川書店
2015-08-01
定価  1,620円
280ページ