女たちには秘密があり、すべての出来事には恐ろしい策略があった…。
花に囲まれた家の花が、突如すべて消えたことが、芸術家夫婦蒸発の意外な真相へつながる表題作ほか、激動の明治、昭和を舞台にした「華」にまつわる女たちの情念に絡む謎を集めた、雅で妖しい本格“情念”ミステリ。『小説屋sari‐sari』掲載作と書き下ろし、合わせて4編を収録。
収録作:「花盗み」 「形見水仙」 「椿の舟」 「華を殺す」

華を殺す (角川書店単行本)
三沢 陽一
KADOKAWA/角川書店
2015-07-30
定価  1,728円
272ページ