作中、何者かに殺されたハックの父、その犯人が見つからぬまま終ってしまったのはなぜか? くり返される死の逸話、その隠喩に込められた真の意味とは? そして結末に隠された「ごまかし」とは? 名作冒険譚は作者トウェインのトラウマを描くミステリーだった!  ●  新潮社 予価 1,512円 

☆ 著者の他作品
ライ麦畑のミステリー
竹内 康浩
せりか書房
2005-06