ガンにより命を落とした三村修治は、この世とあの世の狭間にいた。ここは天国、普通のあの世、地獄、にそれぞれ向かう場所だと伝えられる。行き先は生前に積んだ善行の数だけ貯まる「天国マイレージ」によって決まる。天国行きに必要なマイルは3万マイル。修治はなんと3万マイル以上貯まっていた。特に人助けをしたわけでもないのに、なぜ? 人は笑うと1マイルたまる。3万回笑えば天国に行けるという計算だ。そのことを知った修治は悩んだ。妻の彩子は笑うことが多く、いつも明るくしている。だが息子の陽一郎はどうか? 腹を抱えて笑っている姿をみた記憶があまりない。かくして修治は、天国に行けるすべてのマイルを使用し、この世に一週間だけ戻ることを決意する。設定は、陽一郎のクラスにやってきた転校生。果たして修治は、陽一郎にいつでも笑顔でいられるコツを伝え、笑って成仏することができるのか――?  ●  講談社 予価 1,458円 
 
☆ 著者の他作品