遺された者の悲しみがお前にわかるか?
権力不要、予測不能、語るは真実のみ。かつてない奇跡の“罵詈雑言刑事"が誕生! 警視庁・捜査一課の女性刑事、小野皇子は友人の女性を殺害された。大切な人を守れなかった後悔から、遺族を支援する「犯罪被害者ケア係」へ異動する。そこに待っていたのは謎の傲慢美男、神野現人だった。神野は言う。殺人犯を逮捕さえすれば、被害者を生き返らせられる。自分は『神』だから、と――傍若無人な刑事の推理と奇跡に胸がすっとし、遺族の切ない想いに涙する! 予測不能なドラマチック・ミステリー。 
368ページ