ひきこもり探偵、圏内ちゃん、降臨! 生身の人間と会話するのが苦手。でもネットがなくて誰とも繋がれなくなる孤独はもっと苦しい。電波がバリ3表示の場所でだけ生きてゆける、ひきこもりの緑子。しかしひとたびオンライン掲示板を開けば、ハンドルネーム「圏内ちゃん」はカリスマ的存在だ。驚くべき情報収集力と推理力で、”炎上”した匿名アカウントの本人を特定する。そのおかげで、連続女性殺人事件に巻き込まれて…。 ●  新潮文庫nex 予価 680円 
 
☆ 著者の他作品