ヴィクトリカと一弥、あの名探偵コンビが装いも新たに帰ってきた!新天地ニューヨーク。一弥は新聞社で働きヴィクトリカは探偵事務所を構えた。 街は好景気に湧き、禁酒法下の退廃が人々を闇へと誘う。 ある日奇怪な依頼人が事務所を訪れ――。 大人気ミステリシリーズ待望の続刊。 ● 角川書店   予価 1,155円

☆ 著者の他作品
GOSICK -ゴシック- VIII 上 ゴシック・神々の黄昏 (角川文庫)
桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-06-23