皆既日食とともに世界を巡る、美しい双生児。彼らの果たす<夢>とは。
新米飛行教官と一年ぶりに飛ぶ小説家の航空経路は、ある記憶を辿る旅だった(ホリデイズ)。仙台の空を通過〈パス〉する、制御不能になった衛星を捉えた大学院生の冬の日(真夜中の通過)。脳から脳へ言葉を送る<フラッシュ>が浸透した今、13年後の自分から届いたメッセージ(未来からの声)・・・。未来に歩む僕らの物語、五編。
収録作:「ホリデイズ」「真夜中の通過(ミッドナイト・パス)」「未来からの声」「絆」「瞬きよりも速く」

月と太陽
瀬名 秀明
講談社
2013-10-29
定価 1,680円
334ページ