世界を総べる超大国(象の胃袋)は同盟諸国を率いて砂漠の小国(朱雀の翼)に宣戦布告し、たちまち国土を占領した。だが、〈朱雀の翼〉の指導層は地下に広がる迷宮都市に潜伏して粘り強くゲリラ戦を展開、戦況は膠着状態に陥った。そんな時、同盟国の一つ〈銀の狼〉のクレーメル少尉は〈象の胃袋)軍の一隊を突如攻撃した。婚約者を〈象の胃袋)の貴族に奪われ、やけになって死に場所を求めたのだ。案の定、軍法会議に掛けられ死刑を宣告されるが、処刑の直前、忠実なる従僕ムルカとクレーメルの頭の中に突然飛び込んできた〈弟〉の超能力によって救われる。(弟)とは何者か? 人間たちが誕生するはるか以前から、〈弟)たち〈兄弟〉は〈父〉のために〈母〉が支配する(姉妹)たちと闘ってきたという。ほかの生物の身体に憑依し、その意思をのっとり、あやつることができる〈兄弟姉妹〉は、仮の姿で果てしない戦いを続けてきた。すなわち、虫や昆虫の捕食行動は〈兄弟姉妹〉の戦いの記憶が定着したものにほかならないという。〈兄弟姉妹〉の戦いに巻き込まれながら、〈弟)の力を借りて〈象の胃袋)に立ち向かい、婚約者サリーネの奪回を目指すクレーメルの冒険の行方はいかに? 壮大なスケールで展開される異世界ファンタジーの傑作。大型新人誕生!     ● 文藝春秋 予価 1,418 円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆