未発表作品、いままでの栗本薫とは全く異なる童話世界。
成長するさま、生きていくさまを描いたタイトル作をはじめ、人生観、死生観を語る「おたまじゃくしが死んじゃった」、独特な切り口で死後観を描いた「てんごくへいったざりがに」など「生」あるものと寄り添って存在する「死」について、栗本薫流の視点で、ときにユーモアも交えた作品となっている。全4章の構成。
収録作:「せかいいち大きなおべんとう」「いつかかえるになる日まで」「おたまじゃくしが死んじゃった」「てんごくへいったざりがに」

いつかかえるになる日までいつかかえるになる日まで [単行本]
著者:栗本薫
出版:スタンダードマガジン
(2013-06-28)
定価 1,365円
128ページ