“合法的殺人” に仕組まれたトリック。
三年前に発生し、犯人逮捕で終結したはずの少女誘拐殺人事件。だが、その裏には多くの嘘や裏切り、腐敗や汚職があふれていた。死期を迎えた刑事の告白、目撃証言に込まれた意図、被害者の母の衝撃的告発、そして埋葬された記念品。事件を洗い直すべく動き出した記者と女性弁護士は、次々と意外な事実に突き当たる。

冤罪死刑冤罪死刑
著者:緒川 怜
販売元:講談社
(2013-01-30)
販売元:Amazon.co.jp
定価 1,680円
382ページ