それをめぐる記録と記憶、そして探索の物語。
持つものと持たないもの。欲するものと欲さないもの。二種類の女性、母と娘。高台にある美しい家。暗闇の中で求めていた無償の愛、温もり。ないけれどある、あるけれどない。私は母の分身なのだから。母の願いだったから。心を込めて。私は愛能う限り、娘を大切に育ててきました──。そしてその日、起ったこと──。書下ろし長編。

母性母性
著者:湊 かなえ
販売元:新潮社
(2012-10-31)
販売元:Amazon.co.jp
定価 1,470円
266ページ