小説家田中光二さん(71)が、東京都港区の霊園にある家族の墓の前で自殺を図っていたことが30日、警視庁への取材で分かった。田中さんは病院に搬送されたが、軽傷で命に別条はないという。田中光二さんは、昭和54年、「血と黄金」で角川小説賞、翌年に「黄金の罠」で吉川英治文学新人賞を受賞。日本SF作家クラブ会長も務めた。 (産経新聞/Yhoo!ニュース より)

昨日、このニュースを見てすごく驚きました。好きなSF作家であるというのと、今現在も(4月、5月も新刊がある)現役で書かれているからです。