新刊ミステリ ・ 新刊SF 【 ミステリーアイ 】

                        《ミステリー・SF・ホラー・ファンタジィ小説》 今月の新刊発売リスト。これから出る本。本日発売。

December 2015

姿なき敵、国家転覆の陰謀、究極の殺戮兵器、千年の伝統格闘秘術……。
わずか15歳の少年に課せられた命懸けのサバイバル。経済成長は行き詰まり、列強が資源と市場を奪い合う高度植民地時代。氾帝国、エウロペ連合、アメリア民主国の三大列強による世界の寡占化が進んでいた。その中で劣勢を強いられている日乃元皇国だが、植民地支配の中枢を担う進駐官を育てる全寮制の東島進駐官養成高校には、国中からエリート中のエリートが集まっている。ここに新入生として入学した逆島断雄。逆島家は、皇室を守護する近衛四家のひとつとして様々な特権を与えられていたが、戦死した父・靖雄が国家反逆罪に問われたため、すべての特権を奪われ没落していた。そのため、断男は、争いを嫌う性格にもかかわらず、家の再興を担わされていた。優秀な軍人を育てるため、非人間的ともいえる厳しいカリキュラムのなかで、断雄は同室同班となった仲間、あらゆるジャンルで学年一位の超イケメン・ジョージ、硬派の柔術家・テル、ナンパだが度胸が据わっているクニの三人との友情を育んでいく。ところが、入学早々に起こった謎の狙撃事件を皮切りに、断雄の周りでは次々と不可解な事件が起こる。そして、それらの事件の裏側に、皇室を巻き込んで国家転覆を謀るクーデター計画が浮かび上がってきた。その勢力にとって、反クーデター派の信望があつい逆島家の子息・断雄は抹殺すべき対象だったのだ……。

定価  1,728円
522ページ

犯罪性向を持つ人の化学的な定義に成功した世界。クールな筆致、迫真のアクションで迫る、隔離された場所からの救出劇。  ●  光文社  予価 1,728円 

☆ 著者の他作品
 

少年法に守られ裁かれない「やられて当然のクズ」を襲うことに決め、練習のはずが、徐々にエスカレートしていき――。  ●  光文社  予価 1,620円 
 
☆ 著者の他作品
赤と白 (集英社文庫)
櫛木 理宇
集英社
2015-12-17

長野在住、オリンピックにも広告代理店社員としてかかわっていた著者が描きあげたサスペンス長編!  ●  光文社  予価 1,620円 
 
☆ 著者の他作品

公権力が裁けなかった悪人たちが、二十面相を名乗る人物に次々殺害された。劇場型犯罪に、熱狂的なファンまで生まれるが……。 江戸川乱歩の世界を現代に蘇らせた大ヒットアニメを完全ノベライズ。シリーズ第2弾! 江戸川乱歩/原案、乱歩奇譚倶楽部/原作。  ●  光文社文庫  予価 605円 
 
☆ 著者の他作品
人間椅子 (光文社文庫)
黒 史郎
光文社
2015-10-08
 

街の異変を解き明かさずにはいられない巡査が紐解くサイコ・ミステリ!! 良く言えば“街の生き字引”、率直に言えば“全住民へのストーカー”。住民洗脳騒動や連鎖する失踪事件など、ある街の交番で住民を見守るシド巡査のもとには、奇っ怪な事件が呼び寄せられる――。  ●  角川書店 予価 2,160円
 
☆ 著者の他作品
墓頭 (角川文庫)
真藤 順丈
KADOKAWA/角川書店
2015-10-24

 

新宿歌舞伎町で発生した台湾マフィアの抗争事件。喧噪のなか幹部が警官に射殺され、報復を恐れたその警官はある行動に出たのだが……。ハードボイルドな悪漢小説の装いにちりばめられた伏線と仕掛けの効いた藤岡マジック! ●  原書房  予価 1,944円 
 
☆ 著者の他作品

あなたの心の水底に落としたもの、さがして差し上げます。高校生の倫太郎には子供の頃、大好きな《兄》を失った悲しい思い出がある。《兄》の失踪宣告が成立した日、倫太郎は《兄》の好きだった水族館に行き、そこに「海底二万哩」という名のカフェの扉を見つけるが……。   ●  角川文庫  予価 518円 

☆ 著者の他作品
 

9月の半ば、山梨県警南アルプス署地域課山岳救助隊は登山シーズンを乗り切り、救助の技術を磨くため訓練の日々を送っていた。救助隊員の星野夏実巡査は、移動中、何度か不審な登山者たちを見かける。無言で苦行僧のように厳めしい顔、ふつうの登山者みたいな恰好をしてい るが、体格ががっしりしていて隙がなく、ただ者ではない眼つきをしている。その登山者のひとり・元自衛隊員の鷲尾は、国家に見殺しにされた息子(福島原発 で)と部下(海外派遣で)の復讐のために、恐るべき計画を立てていた。一方、その頃、総理執務室では総理大臣をはじめ警察関係・内閣関連のトップたちが集まっていた。5日前、さいたま市の自衛隊施設から最強の毒ガス兵器「VXガス」が盗まれたのだ。単純計算で七十万人以上の致死量に相当するという――。そしてテロリストからの要求が……。爆破によって三つの林道が閉ざされたことによって、北岳は陸の孤島になった。不審な登山者たちの突然の発砲により北岳にある山荘にいた人々は、監禁され人質となった。おなじみ、星野夏実巡査と相棒の救助犬・メイ、神埼静奈巡査とバロン、松戸楓一郎も大活躍!北岳を戦場に、絶体絶命の闘いが始まる。  ● 角川春樹事務所 予価 2,052円 
 
☆ 著者の他作品

 

このページのトップヘ