新刊ミステリ ・ 新刊SF 【 ミステリーアイ 】

                        《ミステリー・SF・ホラー・ファンタジィ小説》 今月の新刊発売リスト。これから出る本。本日発売。

February 2015

そのノートを手に入れた者は、神にも、悪魔にもなれる。
イタリアに生まれた若き時計職人ジャンはある設計図が記された秘密のノートを巡り、フランス軍の追手に狙われることになる。レオナルド・ダ・ヴィンチが残したノートを狙うフランス軍との攻防の行方は!? 

レオナルドの扉
真保 裕一
KADOKAWA/角川書店
2015-02-27
定価 1,620円
397ページ

よじれていく時空のなかで、現代の闇と光をあぶり出す冒険ファンタジー! ネグレクト、スクールカースト、心の闇…気まぐれな悪意と暴力、蔑みと無関心に凍りつく心。ふるえる魂が共鳴するとき、かつて誰も見たことのない世界が立ち現れて――現代の闇と光をあぶり出す冒険ファンタジー!  ●   角川書店 予価 1,728円 

☆ 著者の他作品
悲嘆の門(下)
宮部 みゆき
毎日新聞社
2015-01-15 

おまえは日本人じゃない、旧日本人だ。
そして我が国は今も世界中で戦争中なのだ! 小説の書けない作家Tが母の墓参りに向かっている途中で迷い込んだのは、国民は制服を着用し、平和的民主主義的戦争を行い、戦争こそ平和の基盤だと宰相Aが煽る「もう一つの日本」だった。作家Tは反体制運動のリーダーと崇められ、日本軍との闘いに巻き込まれるが……。獰猛な想像力が現実を食い破る怪物的野心作!

宰相A
田中 慎弥
新潮社
2015-02-27
定価 1,728円
202ページ

聴き屋だからこそ見抜けなかった真相とは?
音楽学科のコンサートの舞台を泡まみれにした犯人は誰か、その目的は?「兄貴が聴き屋なのはわかっているけどさ、なんで明探偵みたいな真似までしてるわけ?」「さあ、どうしてだろうね・・・・・」爽やかな余韻の表題作はじめ、聴き屋体質の大学生・柏木君と、彼を取り巻く文芸サークル第三部〈ザ・フール〉の面々が推理を繰り広げる連作、シリーズ第二弾!
収録作:「青鬼の涙」 「恋の仮病」 「世迷い子と」 「愚者は春に隠れる」 「人魚と金魚鉢」 

定価  1,728円
252ページ

勝者は、一人。命を懸けたゲームが、ついに迎える最終局面!
魔法少女同士の死闘をあらゆる手段で生き延びた、十三歳の英雄・空々空と、七名の女性――幼児、秘書、科学者、人造人間、三人の魔法少女。思想も、能力も、思惑も、すべてが異なる八人だが、四国からの脱出と、『究極魔法』奪取を共に目指すことを決める。ゲームに挑む最後の晩、幼児にして魔女・酒々井かんづめは、彼女だけが知る“過去”を皆に告げるのだった……。誰も死なない、誰もしなせない。八人のろくでなしは、生き残ることができるのか。『究極魔法』は誰の手に? 波乱の四国編、堂々完結!

悲録伝 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
2015-02-26
定価  ,404円
512ページ

病とはいっても、ある種の超能力だ。
それは治療法が確立されていない奇病。病といっても、ある種の超能力だ。「動物を怒らせる能力」「他人の年収が見える能力」……そして? 症状は様々で、罹患者の唯一の共通点は、能力発動時に「青い発光を自覚する」、ただそれだけ。「こんな能力いらない!」という超能力を得てしまった少年少女たちの、笑えて泣ける戦いの物語、泣ける青春〈異能〉小説、満を持して登場!
収録作:「犬が光る」 「この世界に二人だけ」 「年収の魔法使い」 「噓をつく。そして決して離さない」 

青藍病治療マニュアル
似鳥 鶏
KADOKAWA/角川書店
2015-02-26
定価  1,620円
312ページ

阿呆の道よりほかに、我を生かす道なし。
待ちに待った「毛玉物語」再び! 天狗や人間にちょっかいを出しては狸界で顰蹙を買っている、京都下鴨家の三男狸・矢三郎は、まあまあ愉快に暮らしている。ところが、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎである“二代目"が英国より帰朝すると、平和な街の気配が一変。天狗親子は大喧嘩、狸たちは覇権争い、狸を喰う人間たちは悪巧み、あちこちで多発する片思い……と、京都の街は混迷を極める。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ! 一族の誇りをかけて、尊敬する師、愛する者たち、そして毛深き命を守れ! 天下無敵、融通無碍。史上、最も毛深い京都絵巻。

有頂天家族 二代目の帰朝
森見 登美彦
幻冬舎
2015-02-26
定価 1,836円
469ページ

雪山にバレンタイン。怖い事件もあるけれど、櫻子さんと北海道の冬を満喫!
北海道・旭川の冬。僕・正太郎は、櫻子さんと親しい薔子さんに頼まれて、旭岳にある別荘に行くことに。別荘の持ち主の遺品整理のためだ。驚いたことに、骨と謎にしか興味のないはずの櫻子さんも一緒に。さんざん雪山で遊んで別荘に戻ると、暴風雪のせいで停電がおきてしまう。しかも暖炉の中から、熊の手の骨に紛れて、人間の指の骨が見つかって…(「凍える嘘」)。 美しく甘い冬の謎たちを閉じ込めた、大人気キャラミステリ。アニメ化決定!
収録作:「プロローグ」 「Bloody Valentine's Day」 「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」 「凍える噓」 「エピローグ」 「ハートの贈り物」 

定価  562円
250ページ

恋の試練が森司を襲う!?片想いに急展開&キレ抜群の怪奇譚をお届け!
年の瀬も押し迫ったある日、オカルト研究会に奇妙な依頼が。絵画愛好会主催の、卒業生のための展示会。モナリザを題材にしたある絵に、クレームが殺到したという。それは、男子学生が婚約者をモデルに描いた絵。婚約者どころか片想いど真ん中の霊感系大学生・森司は、原因究明にかり出されるが…。片想いのヒロイン、こよみと迎える年明けと、やがて味わうハートブレイクの先に待つものは!? 青春オカルトミステリ第7弾!!
収録作:「嗤うモナリザ」 「仄白い街灯の下で」 「薄暮」 「夜に這うもの」 
 

定価  648円
333ページ

こちらペットショップ・夢幻楼――忘れていた大切な想いと出会えます。
街の片隅に佇むペットショップ“夢幻楼”。謎めいた店主・雅が営むこの店では、どこか不思議でなぜか懐かしい、自分だけのペットと出会えるという。人生のどこかに置いてきてしまった大切な想いや、封じ込めたはずの悲しい記憶―“夢幻楼”で出会ったペットと過ごすうちに、人々は忘れていた過去を少しずつ思い出していき、やがて…。あたたかなペットのぬくもりが過去と向き合う勇気をくれる、やさしい癒やしの物語。
収録作:「白猫と蒼穹」 「迷い狢」 「クリスマスを告げる鳥」 
280ページ

このページのトップヘ