新刊ミステリ ・ 新刊SF 【 ミステリーアイ 】

                        《ミステリー・SF・ホラー・ファンタジィ小説》 今月の新刊発売リスト。これから出る本。本日発売。

January 2015

好敵手との決着。これぞ、青春なり。
坂東蛍子は桐ケ谷茉莉花が嫌いだった。容姿端麗、運動神経抜群にして、自分と並び称される彼女のことが許せなかった。だが、なぜ嫌いで許せないのか、判らなかった。故に、彼女は果たし状を書く。その日、学園二大スターは、屋上にて決闘する。校舎がお化け屋敷と化し、テロリストに占拠されようと、その程度の“事件”は少女達の青春をとめられない。疾風怒濤の女子高生譚、書下ろし第二弾。
318ページ

島田荘司「御手洗潔シリーズ」初映像化! 御手洗潔を玉木宏さん、石岡和己を堂本光一さんが演じて、スペシャルTVドラマになります。 このほか、共演に勝村政信、坂井真紀、小西真奈美。
『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』はフジテレビ系列にて2015年3月7日21時に放送されます。
玉木宏さんは、昨年もTVで探偵役をやっていて、島田荘司氏の希望もあり、はまり役だと思うのですが、堂本光一さんは8年ぶりのドラマなんで少し心配です。

なお、今月「新潮文庫nex」より「ロシア幽霊軍艦事件―名探偵 御手洗潔―」と「御手洗潔と進々堂珈琲」が改題再刊されています。






世界は野蛮で残酷な牢獄に満ちている――。
突然原理主義者らしき兵士に襲われ、泥に囲まれた島に囚われてしまった女子高生たち(泥)。村の長老との結婚を拒絶する女は舌を抜かれてしまう。それがこの村の掟。そしてあらたな結婚の相手として、ある少女が選ばれた(雀)。アイドルを目指す「夢の奴隷」である少女。彼女の「神様」の意外な姿とは?(神様男)。管理所に収容された人々は「山羊の群れ」と呼ばれ、理不尽で過酷な労働に従事せざるを得ない。そして時には動物を殺すより躊躇なく殺される。死と隣り合わせの鐘突き番にさせられた少年の運命は?(山羊の目は空を青く映すか)。時代や場所にかかわらず、人間社会に時折現出する、さまざまな抑圧と奴隷状態。それは「かつて」の「遠い場所」ではなく、「いま」「ここ」で起きてもなんら不思議ではない。本作を読むことも、もしかすると囚われのひとつなのかも――。何かに囚われた奴隷的な状況であることのみが共通する、七つの物語。桐野夏生の想像力と感応力が炸裂した、超異色短編集。
収録作:「雀」 「泥」 「神様男」 「REAL」 「ただセックスがしたいだけ」 「告白」 「山羊の目は空を青く映すか」 

奴隷小説
桐野 夏生
文藝春秋
2015-01-30
定価 1,296円
155ページ

国債ついに暴落。運命の日は突如訪れた――。
敵は売国奴官僚+謎の外資ファンド!国債暴落――破綻寸前に陥る巨大銀行。売国奴たちの野望に、二人の男が立ちはだかる! 一夜にして巨大負債を抱え、機能不全に陥る巨大銀行。外資ファンドが買収に名乗りをあげ、エリート行員達が無力に泣き崩れる中で、辣腕ディーラーの桂と気くばり総務の二瓶のコンビが史上最大の買収合戦に挑む! 五千億円を動かし、国際経済の裏表を知り尽くした伝説の投資家による、全ビジネスマン必読のエンタメ経済小説!

メガバンク絶滅戦争
波多野 聖
新潮社
2015-01-30
定価 1,944円
351ページ

文字の悲鳴に、刑事の感性が呼応する。
警視庁捜査第一課文書解読班―― 文章心理学を学び、文書の内容から記述者の生まれや性格などを推理する技術が認められて抜擢された鳴海理沙警部補が、右手首が切断された不可解な殺人事件に挑む。警察小説に新たなヒロインが登場した!書き下ろし長編。

警視庁文書捜査官
麻見 和史
KADOKAWA/角川書店
2015-01-29
定価 1,620円
301ページ

その日に、ぼくは父さんを殺すことにした。
ぼくの母さんが弔われるその日に、ぼくの父さんは祝言をあげた。だからぼくは、婚礼の義を冒涜することにした。日本一のヤクザ組織の長・早田征城。その愛人の息子・桂介は、外部組織でビジネスを担当していたが、組に入ることを決意する。母を捨てた征城を抹殺し、早田組を壊滅させるためだ。裏切り者であること、男でも女でもない「真性半陰陽」であること。二重の秘密を抱えながらも、桂介は着々とのし上がっていく。だが――。新人賞4冠を達成しデビューした著者、待望の新刊。父と子の人間ドラマを描いた、一気読み必死の王道エンターテイメント! 

しるしなきもの
真藤 順丈
幻冬舎
2015-01-28
定価 1,728円
354ページ

追いつめられた島民たちは危険な道へ一気に足を踏み入れた――。
弘化三年(1846)日本海に浮かぶ隠岐「島後」に、はるばる大坂から流された一人の少年がいた。西村常太郎、十五歳。大塩平八郎の挙兵に連座した父・履三郎の罪により、六つの年から九年に及ぶ親類預けの果ての「処罰」だった。ところが案に相違して、島の人々は常太郎を温かく迎えた。大塩の乱に連座した父の名を、島の人々が敬意を込めて呼ぶのを常太郎は聞いた。翌年、十六歳になった常太郎は、狗賓が宿るという「御山」の千年杉へ初穂を捧げる役を、島の人々から命じられる。下界から見える大満寺山の先に「御山」はあったが、そこは狗賓に許された者しか踏み入ることができない聖域だった。やがて常太郎は医術を学び、島に医師として深く根を下ろすが、徐々に島の外から重く暗い雲が忍び寄っていた。
 
狗賓(ぐひん)童子の島
飯嶋 和一
小学館
2015-01-28
定価 2,484円
555ページ

今年の1月より隔月刊化したSF専門誌『SFマガジン』のメディア配信が、コンテンツ配信プラットフォーム「cakes」で1月24日からスタートしました。
SFに関するコラムやレビュウを中心に週刊で記事を配信。「大森望の新SF観光局・cakes出張版」から最新SF関連書籍・映画のレビュー、注目の新刊プレビューなど時事性の高い記事を週に数本配信。また第2回ハヤカワSFコンテスト最終候補作『鴉龍天晴』の抜粋掲載も行います。ただし各記事の全文閲覧には無料の会員登録が必要です。 
なんか突然の開設のようなんですが、間借りじゃなくて、単独の『WebSFマガジン』を作って欲しいものです。それに2月25日発売の本誌で知る人は1ヶ月遅れになるので、できればもっと早く告知して欲しかったですね。

秘密のノートを巡る壮大な冒険物語 イタリアに生まれた若き時計職人ジャンはある設計図が記された秘密のノートを巡り、フランス軍の追手に狙われることになる。レオナルド・ダ・ヴィンチが残したノートを狙うフランス軍との攻防の行方は!?   ●  角川書店  予価 1,620円 

☆ 著者の他作品
アンダーカバー 秘密調査
真保 裕一
小学館
2014-06-30
 

第二次世界大戦後、アメリカは日本人から統治権を取り上げ支配していた。本来の日本人は「旧日本人」と呼ばれ「居住区」に押し込められていた――。あなたは旧日本人で、日本人ではありません。そして我が国は今も世界中で戦争中です。作家の獰猛な想像力を爆発させた、怪物的小説!  ●  新潮社   予価 1,728円

☆ 著者の他作品
共喰い (集英社文庫)
田中 慎弥
集英社
2013-01-18
 

このページのトップヘ