新刊ミステリ ・ 新刊SF 【 ミステリーアイ 】

                        《ミステリー・SF・ホラー・ファンタジィ小説》 今月の新刊発売リスト。これから出る本。本日発売。

November 2014

満月の夜のひとつの事件、月下の少女の正体は? 
養護施設まほろばで育ったイクオとタツヤは、最愛の結子先生を殺されるのを目撃したが、その証言を警察にもみ消されてしまう。真相を握る「金時計の男」を探すためイクオは刑事、タツヤはヤクザとなり密かな協力関係を結んでいた。ある夜イクオが潜入調査中に遭遇した謎の少女。同じ現場で発見された男の刺殺体。彼女の正体は果たして何者なのか? 二匹の龍(ウロボロス)が絡み合う事件、イクオ篇。
210ページ

元特攻隊員の老人は、何のために殺されたのか。
フリーライターの森田は、震災後の被災地の記事を書くため、松島を訪れる。取材中、墓地の中でほかの墓石と離れた場所に1基づけ建つ大きな墓石が目に留まる。その墓石は元々彫られていた文字が削られ、小さく「立川家之墓」と刻まれていた。調べてみると、太平洋戦争中、特攻隊員として戦地へ赴いた青年のものだと分かる。一方、東京都内で老人の遺体が発見された。十津川警部は、捜査線上に浮かんできた森田と会う。やがて被害者と、森田が追う人物が同一人物だと判明し…。十津川シリーズ、最新長編。

郷里松島への長き旅路
西村 京太郎
KADOKAWA/角川書店
2014-11-28
定価  864円
211ページ

霧降る香港に幻の映画フィルムと連続殺人事件の謎を追う!
神奈川県警の嘱託・二村永爾は、1本の映画フィルムの行方を追い、香港へ飛んだ。ある殺し屋がモデルとなった映画だった。この幻の作品を巡って、次々と発生する殺人事件。そして二村の前に現われた気高き女優と、謎の映画プロデューサー。日本、中国、香港、複雑な過去と現在が交錯する。日活百年記念、宍戸錠も実名で登場! 
二村永爾シリーズ、十年ぶりに復活!

定価 2,484円
571ページ

その日、新しい世界で出会った始めての“謎”とは!? 
1930年夏、長い船旅を経て、ついに新天地ニューヨークにたどり着いたヴィクトリカと一弥は、新世界の成功を象徴する高層タワーで起きた爆破事件に巻き込まれる。タワー最上階のヴィクトリカと地下の一弥、離ればなれになった2人の運命は……。大人気ミステリ新シリーズ、第二弾。

GOSICK BLUE
桜庭 一樹
KADOKAWA/角川書店
2014-11-28
定価 1,188円
350ページ

おもちゃ探偵物集修が出会った五つの事件。
TOY DICK誕生! ジグソーパズルに残されたメッセージ、「家の中の家」で死んでいた女性、占領下につくられたブリキ製のジープが守ろうとしたものは!? ≪子供だったころを忘れていない大人、どこかに子供時代のかけらを残して、それを恥ずかしがりながらも捨てられないでいる、そんな大人のための活字で作ったおもちゃ箱──新保博久氏≫
収録作:「ジグソー失踪パズル」 「ドールズ密室ハウス」 「サムシング透明ブルー」 「ポップアップ凶器ブック」 「ウェルメイド誘拐オキュパイド」 

ジグソー失踪パズル
堀 燐太郎
フリースタイル
2014-11-27
定価  1,620円
240ページ

世界を救うために、ふたりは走る。
東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29。公開中止になった幻の映画。迫り来る冷酷非情な破壊者。すべての謎の答えが出たとき、カウントダウンが始まった。鳴神戦隊とは? 謎の感染症とパンデミックの危機! 世界を救うために二人は走る。――相葉、呆れるくらい変わってないな。そう言うおまえもな。冷凍保存でもされてたんじゃないか。野球少年だった過去が一瞬でよみがえる。二人で立ち向かうのは、人生の暗闇を抜けるための冒険。現代を代表する人気作家ふたりが、着想、技術をすべて詰め込んだ最強の冒険活劇。

キャプテンサンダーボルト
阿部 和重
文藝春秋
2014-11-28
定価  1,944円
189ページ

心のブレーキが外れる預言。
世の中は誰かが金持ちになれば、別の誰かが貧乏になるようにできている……。慈悲深い神は、万人に平等なのか? 神の気まぐれに翻弄される人々の姿を描く、……啓示に満ちた8つの短篇を収録。「精神安定の薬になったり、迷える背中を押してくれたり、罪悪感を抱かせたり、心のブレーキを外したりと様々な化学変化を引き起こす(「はじめに」より)」。
収録作:「アイアン・ファミリー」「死都東京」「夢眠谷の秘密」「透明人間の夢」 「名誉死民」 「南武すたいる」 「神の見えざる手」 「CAの受難」

暗黒寓話集
島田 雅彦
文藝春秋
2014-11-28
定価  1,458円
196ページ

かつて彼の推理に心弾ませたすべての人々へ―― あの名探偵が、甦る。
大英帝国を縦横無尽に駆け巡るシャーロック・ホームズと相棒ワトスン博士の“語られざる事件”を、世界有数のホームズ・ファンが愛と敬意を込めて作品化した、最高水準のパスティーシュ。最新の活躍譚六編を収録。
収録作:「遅刻しがちな荷馬車の事件」 「結ばれた黄色いスカーフの事件」 「ノーフォークの人狼卿の事件」 「詮索好きな老婦人の事件」 「憂慮する令嬢の事件」 「曲馬弾の醜聞の事件」 

シャーロック・ホームズの蒐集
北原 尚彦
東京創元社
2014-11-28
定価  1,944円
283ページ

犬そっくりの奇妙な生き物を拾った三人姉妹。突拍子もない話の向かう先は?
パチンコ屋の屋上で拾った奇妙な犬を飼育する三人姉妹の人生を繊細かつユーモラスに描いて第一回創元SF短編賞佳作となった表題作、郊外のうらぶれたアパートで暮らす、多言語の住人たちの可笑しな日々、十五人姉妹の家が立つ孤島を、ある日見舞った異常事態、ウェブ上に出現した、謎めいた子供たちの日記から始まるシュールな冒険、ねぶたの街・青森を舞台に時を超えて紡がれる美麗な幻想譚の全五編。
収録作:「うどん キツネつきの」 「シキ零レイ零 ミドリ荘」 「母のいる島」 「おやすみラジオ」 「巨きなものの還る場所」

定価  1,836円
270ページ

ご利用のかたの謎、解きます!新人司書は今日も探偵修業中。
れんげ野原のまんなかにある秋葉図書館は、今日ものんびりのどか。新人司書の文子の仕事ぶりも、板についてきた。けれど、図書館を訪れる人たちには、人知れぬ悩みがあるようで……やっぱり、毎日ふとした謎が湧きおこる。そんななか、図書館の隣地から古い白骨死体が! 季節のうつろいを感じながら、またまた頼もしい先輩司書の助けを借りて、文子は謎解きに挑むが……。すべての本好き、図書館好きに捧げる、やさしいミステリ!
収録作:「穀雨」 「芒種」 「小暑」 「白露」 「寒露」 

花野に眠る (秋葉図書館の四季)
森谷 明子
東京創元社
2014-11-28
定価  1,836円
300ページ

このページのトップヘ