新刊ミステリ ・ 新刊SF 【 ミステリーアイ 】

                        《ミステリー・SF・ホラー・ファンタジィ小説》 今月の新刊発売リスト。これから出る本。本日発売。

January 2014

世界に気づく、自分を知る、友を作る。
“それ"は癒しか、傷となるのか――。“ぼく"を忘れていた“ぼく"は、大切な言葉をすこうしずつ取り戻しながら、この箱庭の世界から飛び出すため<旅の仲間>を求める。著者、7年振りの至高の書き下ろしファンタジー!。

定価 1,470 円 
252ページ 

これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春は「彼」を語らず終われない。
“神原駿河は、私の姉の娘だよ――眠らせておくには、惜しい才能さ”“何でも知ってるおねーさん”臥煙伊豆湖。彼女が阿良々木暦に課す、終幕へ向かうための試練とは……?四百年の時を経て、蘇る武者――。何かの制裁を受けるかのように、じりじりと追い詰められてきた阿良々木暦。そのカギを握る謎の少女・忍野扇との出会いによって、自分の「始点」を知った暦だが、蛇化した千石撫子に予告された死は、刻一刻と迫っていて……。
 
終物語 中 (講談社BOX)
西尾 維新
講談社
2014-01-29
定価 1,575円 
340ページ

その日まで、ぼくは教室の“幽霊”だった。
高校入学から一月が過ぎた頃、ある失敗をきっかけに孤立し、誰にも話しかけられない孤独な高校生活を送っていた一居士架。ある日の席替えで玖波高町が前の席になり、声を掛けてきた彼女と放課後の図書室で共に過ごすようになった架。彼女の意図を汲みかねながらも、久々に誰かと話す時間に安らぎを見出していた。一方、高校で、蝶結びのサインを残した動物の死体が続けて発見され、高町は何か気がかりを抱える様子を見せるようになるが…。穏やかで不安定な日々に隠された真実とは。
289ページ

無駄な知識と煌く直感、あとはすべて助手任せ。
強気、天然、Eカップ、美しすぎる女子高生探偵登場、日本帝国最上等の女流探偵、持ち込まれる事件の真相は、すべて斜め上を行く! 探偵学校「聖アリスガワ女学校」に入り損ねた穴井戸栄子の探偵事務所に持ち込まれる不可思議な事件、転げ落ちる巨大なスイカに隠された陰謀(赤いルピア)などの4つの謎。古野まほろの人気シリーズ「天帝」と「セーラー服」がコラボした、ファンなら必読の本格探偵小説短編集。
収録作:「獅子座連盟」「赤いルピア」「だんだらの紐」「六つの家康公」

定価 1,890 円 
284ページ

君の知らない札幌を、教えてあげるよ?
1月17日、札幌。雪の中、真っ裸の奇妙な遺体が発見された。捜査にかり出されたのは、無駄にいい男な先輩刑事、根来と、新米刑事の僕、仲野久。その遺体には、あらゆるところにあらゆるものがつっこまれていた。早くも手詰まり感漂う捜査チームにある「専門家」が紹介される。志村春、19歳。幼くして大学教授並みの知識を持っていた、記録の天才。この街の闇に通じた、変態の専門家・・・。

札幌アンダーソング [ 小路幸也 ]札幌アンダーソング (単行本) [単行本]
小路 幸也    KADOKAWA/角川書店   2014-01-28
定価 1,575 円    293ページ

奇妙な獣のあとを追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちた――。
仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。見たことのない黒い獣の後を追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちる。夫の家族や隣人たちも、何かがおかしい。平凡な日常の中にときおり顔を覗かせる異界。『工場』で新潮新人賞・織田作之助賞をダブル受賞した著者による待望の第二作品集。芥川賞を受賞した表題作ほか二篇を収録。
収録作: 「穴」 「いたちなく」 「ゆきの宿」

穴
小山田 浩子
新潮社
2014-01-24
定価 1,260円 
160ページ

失踪した男の行方を、当の男本人が追う――。この不条理にほとばしる快感!知る人ぞ知るカルト作家の真骨頂。古栗ワールド全開の小説集。 「おい鈴木、米原正和を捜しに行くぞ」とその米原正和が言った――。失踪した米原正和の行方を、当の米原とともに追う鈴木。会社を休んで、米原の自宅、立ち寄り先を米原をともに捜す。果たして、米原は見つかるのか?失踪した男の行方を、当の失踪した男本人が追うという、何とも不条理な展開のなかに、不思議な快感がほとばしる表題作のほか、上司の浮気相手になりすまし、妻と対面する女性の顛末を追った「IT業界 心の闇」、日本人女性と結婚し日本にやってきたアメリカ人の姿を追う「Tシャツ」の全三編を収録。 ● 講談社 予価 1,470円  

☆ 著者の他作品
 

直木賞作家・坂東眞砂子さんが2014年1月27日に亡くなられました。2013年に舌癌が見つかり、治療を受けていたが、2014年1月27日午前11時13分、高知県内の病院で死去。55歳没。葬儀は親族だけで営む。喪主は母美代子さん。
高知県高岡郡佐川町生まれ。土佐高等学校、奈良女子大学家政学部住居学科卒業。高知県出身。奈良女子大卒業後、イタリアに留学してインテリアデザインを学んだ。フリーライターの傍ら童話を書き、児童向けファンタジー小説で作家としてデビュー。1983年毎日童話新人賞優秀賞を受賞。後に一般小説に転向し、1993年ホラー小説「死国」がヒット。1997年人間の性と業を描いた「山妣」で直木賞を受賞。2002年「曼荼羅道」で柴田錬三郎賞。タヒチに在住し、家庭菜園で自足自給の生活を送っていたが、イタリアのリド島に在住後、故郷の高知に戻った。

貌孕み (文春文庫)
坂東 眞砂子
文藝春秋
2013-09-03


追う者は追われ、追われる者が追う――。心の闇を抱えた男と女の追跡劇の行方は?濃密な文章と息もつけない展開。瞠目のクライムサスペンス! 映画プロダクションのフィルムエディターとして働く野添敦子は、かつて自分をレイプして逮捕された凶悪犯・押本史夫の復讐に脅える。敦子に依頼されて押本を尾行する女性探偵・桑村みどりもまた、交際相手である久我の暴力に苦しんでいた。刑期を終えて出所した押本は敦子の行方を探し回り、久我は密かに転居したみどりを執拗に追う。追い詰められた女たちが最後に選んだ道は――。忌まわしい記憶と暴力を越えて、彼女たちは自らの人生を取り戻すことができるのか? ● 講談社  

☆ 著者の他作品
父、断章
辻原 登
新潮社
2012-06-29

美女探偵 VS. 警察官僚。
「道玄坂探偵事務所」の調査員・千里に与えられた極秘任務はキャバクラ「アイドル☆ピット」への潜入捜査!?  ターゲットは警視庁警視のエリート刑事。首を吊った警官、失踪した会社社長、ホームレスの謎の死、そして…闇で蠢く「最狂の男」。警察と美人探偵の戦いが幕を開けた!

キャバクラ探偵事務所
新堂 冬樹
河出書房新社
2014-01-28
定価 1,470円 
336ページ

このページのトップヘ