新刊ミステリ ・ 新刊SF 【 ミステリーアイ 】

                        《ミステリー・SF・ホラー・ファンタジィ小説》 今月の新刊発売リスト。これから出る本。本日発売。

January 2012

「腎臓一個ぶん、きっちり働かないとね!」
医者なんて、大嫌い!国本いずみは、医師転職斡旋会社に勤める32歳。 男に遊ばれ、飼い猫は病み、クライアントの医者は落ちぶれた者ばかりで、職場の上司も使えない。 だが、思いがけず露出狂を目撃し、その男を追ったことをきっかけに、わずかに変わり始める…。 いずみは自身の再生もかけ、事件の真相を追いかけ回す!

ミスター・グッド・ドクターをさがしてミスター・グッド・ドクターをさがして
著者:東山 彰良
販売元:幻冬舎
(2012-01-27)
販売元:Amazon.co.jp
定価 1,470円  
265ページ

二年後、お義母さんが死んでくれる。
2020年、65歳以上の高齢者が国民の3割を超えた日本。社会保障費は過去最高を更新し続け、国家財政は破綻寸前。そこでついに政府は大きな決断を下す。「日本国籍を有する七十歳以上の国民は誕生日から30日以内に死ななければならない」七十歳死亡法案を可決した。究極の法律が、浮びあがらせた本当の「家族」とは?

七十歳死亡法案、可決七十歳死亡法案、可決
著者:垣谷 美雨
販売元:幻冬舎
(2012-01-27)
販売元:Amazon.co.jp
定価 1,575円 
310ページ

2012年1月31日発売予定
●   「探偵・竹花 再会の街」   藤田宜永 
                       ハルキ文庫 →(単行本)角川春樹事務所

2012年1月31日発売予定 → 1月14日発売 
● 「謀略 警視庁追跡捜査係」   堂場瞬一  ハルキ文庫


嵐の孤島、錯綜する人間関係、閉鎖空間の殺人──
石元陽菜は愛らしい笑顔で人気の女子大生。陽菜の本性は、男をいいように操って己の利益をはかろうとする、極めて自己中心的なものだった。陽菜に、誰ともわからぬ相手に『秘密』を暴露された『ストーカー』は、裏切られた怒りが、やがて殺意となる。そしてゼミ旅行の目的地である絶海の孤島で陽菜を殺害することを決意する。

翼をください (ミステリ・フロンティア)翼をください (ミステリ・フロンティア)
著者:田南 透
販売元:東京創元社
(2012-01-27)
販売元:Amazon.co.jp
定価 1,785円
342ページ

だからって、どうして僕が謎を解くことに?
生まれついての聴き屋体質の大学生・柏木君が遭遇した四つの難事件。柏木君ほか、誰よりもネガティブな性格の先輩、推理マニアの美男子学生作家など、文芸サークル第三部〈ザ・フール〉の愉快な面々が謎解きを繰り広げる。芸術学部祭の最中に作動したスプリンクラーと黒焦げ死体の謎を軽快かつロジカルに描いた表題作他。

聴き屋の芸術学部祭 (ミステリ・フロンティア)聴き屋の芸術学部祭 (ミステリ・フロンティア)
著者:市井 豊
販売元:東京創元社
(2012-01-27)
販売元:Amazon.co.jp
定価 1,470円
232ページ

収録作:「聴き屋の芸術学部祭」、「からくりツィスカの余命」、「濡れ衣トワイライト」、「泥棒たちの挽歌」(書き下ろし)

風もないのに大木が揺れ、魚たちが大量に死に、海が真っ赤に染まり、そして土中からは鈴の音が……。かつての「よそもの殺し」の島に伝わる奇異。そして繰り返される不可解な島民の連続死に「解答」はあるのか?
                                              ●    原書房  ミステリー・リーグ   予価 1,890円

扼殺のロンド (ミステリー・リーグ)扼殺のロンド (ミステリー・リーグ)
著者:小島 正樹
販売元:原書房
(2010-01-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

玄関先でその家に住む主婦が殺された。まもなく犯人は義弟と特定され、あとは身柄さえ確保すれば解決、という単純な事件かと思われた……。ほどくほどに絡みつくような、底深い闇が横たわっているとは、もちろん誰も気づかなかった。  
                                      ●     原書房 ミステリー・リーグ     予価 1,890円

鬼畜の家鬼畜の家
著者:深木章子
販売元:原書房
(2011-04-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

SNSに巧妙に仕掛けられた罠が、日本という「システム」をダウンさせる。「平坦主義」によるサイバーテロは数人の子どもたちが主導していた…。サイバーセキュリティのプロが描く「起こりうる事態」に戦慄する! ● 原書房 予価 1,680円

檻の中の少女檻の中の少女
著者:一田和樹
販売元:原書房
(2011-04-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

言語をめぐって連環してゆく物語。
正体不明&行方不明の多言語作家・友幸友幸。資産家エイブラムス。氏のエージェントで友幸友幸の翻訳者「わたし」。帽子をすりぬける蝶が飛行機の中を舞うとき、「言葉」の網が振りかざされる。世界各地で繰り広げられる“追いかけっこ”と“物語”はやがて、“小説と言語”の謎を浮かび上がらせてゆく。第146回芥川賞受賞作。

道化師の蝶道化師の蝶
著者:円城 塔
販売元:講談社
(2012-01-27)
販売元:Amazon.co.jp
定価 1,365円
178ページ

《リスト追加》

このページのトップヘ