新刊ミステリ ・ 新刊SF 【 ミステリーアイ 】

                        《ミステリー・SF・ホラー・ファンタジィ小説》 今月の新刊発売リスト。これから出る本。本日発売。

誠に突然でもうしわけございませんが、このブログ【 ミステリーアイ 】は3月を持ちまして、一旦終了することにしました。
私の健康上のことでもサイト上のトラブルとかではありません。5年間にわたり、ほとんど毎日更新してきた結果、最近では1日2000アクセス近くの閲覧があるようになり、来ていただいた方にはとても感謝しております。
気が向きましたら別の形で再開するかもしれませんがとりあえず、本日をもちまして更新を最後にさせていただきます。
皆さん長い間ありがとうございました。 

生か、死か。その命を賭け、全てを手に入れろ。大戦末期、ドイツ中部の地方都市ミッターラントに突如姿を現した怪物“月硝子(ディブーム)”。同市に隔離された市民は、半世紀を経て、人間と怪物の戦いをギャンブル「生存賭博」として娯楽産業化した。賭けで生計を立てる少女、琉璃=A・ミュンヒハウゼンはある日、謎の甲冑騎士が月硝子を壊滅させたことを知る。それは狂乱を貪る都市の崩壊を告げる事件だった。極限の欲望を描く、近未来エンタメ。
 
生存賭博
吉上 亮
新潮社
2016-04-28

遺書、自殺未遂、そして衝撃の事実――。美男子だった彼女の焼身自殺の真相は?好評シリーズ第四弾。


太古の闇に眠る忌まわしい秘密。その扉は、絶対に開けてはいけない……。
奇妙な外観を持つ埃及屋敷に、心霊実験のため集められた4人の男女。
以前の持ち主は謎の失踪を遂げたという。
不穏な空気の中、次々と起きる不可思議な現象に、宗教学者と博物館学芸員の異色コンビが立ち向かう!

高野が警察手帳を紛失したらしい。柴崎警部は頭を抱えた。彼女はその事実をあっさり認める。
だが捜査を続けるうち、不祥事は全く別の貌を見せはじめた。
少年犯罪、ストーカー、老夫婦宅への強盗事件。盗犯第二係・高野朋美巡査は柴崎の庇護のもと、坂元真紀署長らとぶつかりながら刑事として覚醒してゆく。
迫真のリアリティ。心の奥底に潜むミステリ。最高峰の警察小説がここに。
 
安東 能明
新潮社
2016-04-28

クラスの女王に媚を売り、カースト底辺はイジり倒す。
それが殺された人気教師の素顔だった。
犯人候補は多数。警察が捜査を始めた矢先、保健室に謎の手紙が届きだす。
明かされる上位メンバーの過去、裏切り、そしてイジられ役からの悪魔誕生。
1年D組に復讐ゲームが始まる中、第二、第三の死者も発生し……。
すべてを計画した“神”は誰だ? 衝撃的結末の学園バトルロワイヤル!

スクールカースト殺人教室
堀内 公太郎
新潮社
2016-04-28

正義など、どうでもいい。
俺はただ、可愛い嫁から幸せを奪う可能性を、迷わず排除するだけだ。明日も明後日も。
県警本部捜査一課の番場は、二回りも年の離れた身重の妻コヨリを愛し、日々捜査を続けるベテラン刑事。
周囲の人間は賞賛と若干の揶揄を込めて彼のことを呼ぶ――現場の番場。
ルーキー刑事の船越とともに難事件の捜査に取り組む中で、番場は自らの「正義」を見失っていく――。
新江戸川乱歩賞作家が描く、新世代の連作警察小説。
<収録作>
「月に吠える兎」
「真夜中の放物線」
「沈黙の終着駅」
「かくれんぼ」
「蜃気楼の犬」

呉 勝浩
講談社
2016-05-25

この一つ目小僧(カメラ)綺麗な絵が描けるんじゃ。
ときは十九世紀が迫るお侍さんの国。
齢十六のお星が藪の中で光る円盤を発見した。
この円盤、なんとひとりでに穴が開き、中には見たことのないものばかりが並ぶ。
お星と幼馴染の舟彦、ふたりのティーンエイジャーは、現代から時空を超えてきたとも知らず、さまざまなアイテムに興味津々。
これで難事件を解決できるかも? 
技術の進歩=犯罪捜査の進歩、笑いあり涙ありの科学的捕物帳(トリモノート)。

一枚の絵が、戦争を止める。私は信じる、絵画の力を。
反戦のシンボルにして2 0世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。
国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、突然姿を消した――。
誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか? 
ベストセラー『楽園のカンヴァス』から4年。
現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、知的スリルにあふれた長編小説。
手に汗握るアートサスペンス!

暗幕のゲルニカ
原田 マハ
新潮社
2016-03-28

このページのトップヘ